名古屋市緑区で審美歯科・インプラント・根管治療は杉山歯科

tel.052-624-4182

自家歯牙移植とは

自家歯牙移植とは

歯を失った部位に、ご自分のお口の中の利用できる歯を移し変える治療で、親知らずを利用します。
治療が成功すれば、もともと生えている歯と歯周組織の状態は同じになりますので、骨と直接結合しているインプラントよりも自然な噛み応えが得られます。
ただし、治療の成功には移植する歯の状態が大きく影響を及ぼしますので、自家歯牙移植の適応は非常に限られてしまいます。親知らずがあったとしても、必ずしも可能な治療ではないのです。さらには、実際の歯の状態は、抜いてみなければ分からないことが多く、術前には不確定な要素が多いことも、デメリットとしてあげられます。
しかし自家歯牙移植は、不要な親知らずを再利用できるので、失った歯を回復する手段として検討すべき治療法であると、考えております。

自家歯牙移植

その他の自家歯牙移植症例を見る